介護福祉士資格を取得するための方法と受験対策は

介護福祉士の仕事内容

介護福祉士は高齢者や障害者などの日常生活に不自由のある人に対して、食事や入浴・排泄などの身体の介護を行うのが主な仕事です。介護だけではなく介護する家族の対しても、介護のアドバイスを行います。主な業務内容は4つあり、身体介護と生活援助と相談・助言と社会活動援助です。生活援助では、日常的な家事援助を主にします。社会活動援助は介護を受ける人と介護をする人よい関係を作れるように、社会活動の情報を提供をするのです。

介護福祉士の取り方はこうする

介護福祉士の取得の仕方は、4年制の大学か専門学校に行って規定の授業を受けます。それと実習を行い実務経験を得て卒業すると、取得する事が出来ます。一番簡単に、取得できる方法です。または社会福祉施設や病院などで3年間の実務経験を積んで、受験資格を取得し試験に合格して取得する方法があります。この方法は、授業料などのお金がかからないので誰でも簡単に受験可能です。自分で勉強をして受験する事も出来るが、かなり勉強しないと合格するのは難しいため合格率は低くなっています。

介護福祉士の受験対策

介護福祉士の受験対策として、筆記試験の場合はどの科目でも得点がないといけないので、テーマごとにまんべんなく理解をしておく事です。自身のないテーマであれば先に手をつけるようにして、自身のあるテーマは過去問を解くようにすると良いです。実技試験は家族や友だちなどに手伝ってもらい、スムーズに出来るまで練習しておきます。大きな声で声掛けをして、確認を行動するたびに行って要介護者の同意を得ながら行うようにします。

実務者研修は、職務上のスキルを高めるうえで欠かせないものであり、専門的な資格を取得するためにしっかりと受講する必要があります。