ゲームに関わる仕事をしたい!専門学校で学べることは?

ゲームに必須のプログラム

デジタルのゲームにとって、それを構成するプログラムはなくてはならないものです。専門学校ではプログラミングについて学ぶことができます。2Dゲームから3Dゲームまで、プログラミングで必要なあらゆるスキルを身に着ける勉強をします。現役のプロからの指導を直接受けることもできます。実際に就職した後も生き残れるよう、単純に技術だけではなく、チーム制作でコミュニケーション力や実際の現場での進行を学びます。企画力も身に付きます。

クオリティを左右するグラフィック

ゲームは視覚的な側面も非常に強いです。グラフィックのクオリティはそのままゲームのクオリティにつながるといえます。専門学校ではゲームグラフィックの勉強もできます。2Dイラストだけではなく、3Dグラフィックについても学びます。絵の基礎を学ぶためのデッサンはゲームグラフィックにおいても欠かせません。さらに、作ったグラフィックを動かすこともゲームでは大切です。それらを実技を通しながら学校では学んでいきます。

ゲームの基盤となるアイデア

売れるゲームにおいて一番大切なのはアイデアです。ですからプランナーという仕事はゲームの土台と言えます。それに沿ってプログラミングをし、グラフィックが作られるのです。ゲームプランナーとしての知識も専門学校では学べるコースがあります。パソコン・スマートフォーン・テレビ・携帯ゲーム機など、ゲームの種類も現在は多様化しています。それぞれの特色を生かしたゲーム作り、新たな発想を現役のプロから教えてもらいます。

ゲームの専門学校では、ゲーム業界で働くために必要なゲーム制作の基礎知識から実践的な技能を習得でき、業界への就職の紹介してくれる専門学校もあります。