独学でも可能!?宅建を一発で取る勉強法とは

まずは参考書選びが大事

不動産業だけでなく、何らかの事情から宅建資格の取得を検討する人がいます。しかしスクールに通って学ぶのは高額な費用が必要だったり、かといって独学で取るのは難易度が高いと思い込んでしまい、勉強自体を諦めてしまう人も少なくありません。ですが実際は次のようなポイントを押さえることで、独学でも十分に取得することは可能です。まず挙げられるのが参考書選びです。市場には様々な参考書が存在し、どれを選ぶか迷ってしまうことがあります。そのため自身の知識レベルに合わせて選択することになるため、しっかり本屋などで中身を確認し、特定の一冊を選ぶことが重要です。理由として何種類も参考書を揃えてしまうと、民法などの解釈が違ったり、解説が違うことがあり混乱してしまうためです。

メリハリをつけた勉強法を

宅建などの高難度の勉強を行う際、とにかく時間を掛けて学ぼうと考える人は多いです。しかしこの勉強法の場合、集中力が続かないことが多々あり、結果としてしっかり知識が得られていないということもあります。そのため勉強するのであれば、1~2時間程度に集中して勉強を行い、しっかりと休憩を取るのが効果的です。更に場合によっては間食なども頭の働きを活発化させることができますが、食べ過ぎによる眠気などに注意しなければなりません。

リスニングなどの活用も

勉強時間がなかなか取れない人には、通勤通学時間を活用したリスニングなども効果的です。最近ではCD媒体だけでなくDVD媒体の参考書なども販売されており、複数の選択肢から選ぶことが可能です。その際スクールなどが販売しているものを利用するのも一つの手です。このように押さえなければならないポイントは多々ありますが、しっかり押せておくことで独学で宅建を取得することは十分に可能です。自身の生活スタイルに合わせ、しっかりと学習していくことをお勧めします。

宅地建物取引士、いわゆる宅建は合格率が15パーセント前後の難関資格です。独学で合格するのは非常に難しいため、宅建の講座が通信講座などで開かれています。遠回りせず合格するためにおすすめです。